一面にステッカーが貼られた壁

ステッカーに使える素材はかなり幅広い

広告や販促などでオリジナルのステッカー作成をする機会は多いと思います。その際は、用途や目的に合ったステッカー選びが大切です。ステッカー種類には、1枚ごとにカットしたタイプのシングルステッカー、台紙の中に複数のデザインをレイアウトすることができるマルチステッカー、台紙のゴミを削減できるロールステッカーなどがあります。専門業者に依頼すると、様々なステッカー作成事例を提示してくれるので、適切なステッカー作成ができます。
屋外用ステッカーでは、耐久性、耐水性に優れた塩化ビニール素材が適しています。印刷はシルク印刷方式で、紫外線による色落ちを避けられます。窓ガラス、ドア、車などに貼ることができます。強力接着タイプならば、凹凸があるゴムや木材にも貼ることができます。
屋内用ステッカーでは、コート紙、上質紙、クラフト紙、透明テトロン、和紙など様々な材質から選ぶことができます。シングルタイプでは、1×1cm以上から1mm単位でサイズ指定ができます。形は四角形、丸形などの基本形はもちろん、デザインの形通りの切り抜きも可能です。マルチタイプでは台紙5×5cm以上、シールは1×1cm以上、1mm単位で複数配置できます。余白にデザインもできるので、ノベルティとして活用することも可能です。

トピックス